台湾旅行記ブログ

高雄市出身のテレサ・テン紀念館に行きました。テレサのお兄さんが2010年に作ったそうで、数々の貴重な資料を無料で見学できます。

テレサ・テン紀念文物館へ行く


スポンサードリンク


 

 

台北に続き、高雄でもMRT乗車体験です。ちなみに、台湾では
MRT内(駅構内も含む)での飲食は厳禁です。当然タバコもNG。
水を飲むのさえ御法度で、見つかれば日本円で数万円もの罰金を
取られることがあるので要注意。もちろん私も、一切飲み食いは
しませんでした。

 

テレサ・テン紀念文物館,高雄市立歴史博物館,愛河

 

2008年にできたばかりなので、このように車内はピカピカ!

 

 

 

高雄市のMRTは紅線橘線の二路線があり、紅線が市内を南北に、
橘線が東西に走っていて、二路線がちょうど市中心部の美麗島駅で
交差しています。美麗島駅で下りて、近くのスタンドでまた自転車を
借りました。ちなみに、美麗島は台湾の別名です。納得!

 

 

 

テレサ・テン紀念文物館,高雄市立歴史博物館,愛河
美麗島駅の改札を出たところにある広場です。アートですね〜。

 

 

 

この後、日本でも超有名なテレサ・テンの紀念文物館が高雄にあると
分かったので、そこに行くことにしました。

 

 

 

テレサ・テン紀念文物館,高雄市立歴史博物館,愛河

 

テレサ・テン紀念文物館は市内を流れる愛河をさかのぼったところ
にあるので、まずは川に出ようとしたところ、高雄市立歴史博物館
を見つけたので一枚。この建物も日本統治時代に建てられたもの
です。あまり時間がなかったので、中には入りませんでしたが。

 

 

 

テレサ・テン紀念文物館,高雄市立歴史博物館,愛河

 

愛河のサイクリングロードを北上。

 

 

 

途中のカルフール近くにあるスタンドで自転車をいったん返却し、
あとは歩いていくとテレサ・テン紀念文物館に到着しました。

 

テレサ・テン紀念文物館,高雄市立歴史博物館,愛河

 

大物芸能人の紀念館ということでゴージャスな建物を想像してたん
ですが、さほど派手派手しい感じはなく、どちらかというと地味な印象
でした。ここはテレサ・テンのお兄さんが取り仕切っているそうで、
なんと入館料は無料です!

 

 

 

ガイドによると、参観には予約が必要で、しかも10人以上の団体
に限ると書いてあったんですが、予約のない私が一人で行っても
なぜかすんなり入れてしまいました。周りにバスでかけつけた団体客
がいっぱいいたので、その内の一人に見られたのかもしれません。
ですが、常に自由に入れるとは限らないので、行こうと考えている
人は一応注意しておいた方がいいでしょう。

 

 

 

館内は撮影が自由だったので、たくさん撮りました。

 

テレサ・テン紀念文物館,高雄市立歴史博物館,愛河

 

 

 

テレサ・テン紀念文物館,高雄市立歴史博物館,愛河
テレサが日本や中国、東南アジアでいかに活躍したかなどが詳しく
書いてありました。

 

 

 

テレサ・テン紀念文物館,高雄市立歴史博物館,愛河
テレサがフランスのパリに住んでいた時に乗っていたベンツです。

 

 

 

テレサ・テン紀念文物館,高雄市立歴史博物館,愛河
愛らしい笑顔とポーズとのギャップにビックリしますね! テレサは
一時期、台湾を支配していた中華民国軍の広告塔の役割を
担わされていました。

 

 

 

テレサ・テン紀念文物館,高雄市立歴史博物館,愛河
テレサが第一位なものリスト。日本の紅白歌合戦で3年連続出場
した華人であることなどが書かれています。

 

 

 

テレサ・テン紀念文物館,高雄市立歴史博物館,愛河
テレサの年表。1995年に42歳の若さでタイで生涯を終えました。
死因は気管支喘息でした。

 

 

 

テレサ・テン紀念文物館,高雄市立歴史博物館,愛河
香港在住時に使っていた食器です。

 

 

 

他にも欧米在住時に使っていたベッドやドレス、宝石類など、興味を
引き付けられる展示品がまだまだたくさんあるので、テレサファンは
必見の紀念館だと思います。私は彼女の歌をタイムリーに聴いていた
世代ではないですが、全体的にすごく楽しめました。

 

 

 

>>高雄編:高雄小港国際空港を見学するのページに進む

 

 

 


スポンサードリンク


 

 

 

高雄編:テレサ・テン紀念文物館へ行くページの先頭に戻る

台湾旅行記ブログトップページに戻る